出身地によって手汗のかきやすさが違う・・・

出身地によって手汗のかきやすさが違う・・・

今回は、手汗は体質や遺伝だけではなくて、出身地によっても手汗が出やすいかどうかの違いがある、ということに関してお伝えします。


この記事を通して伝えたい事は、


手汗は先天的なものだけではなくて、後天的な要因からも起こるということです。


だからといって、「引っ越したほうがいいよ!」と言いたいのではありません。


手汗に関する知識として、一つ持っていると役立つことがあると思い記事を作っています。


では、早速本題に!

北海道vs沖縄


一般的に、暑い地域で育った方は寒い地域で育った方よりも汗腺の機能がよく、汗をかく汗腺の数も多くなる傾向にあります。


そのため、北海道で育った方よりも沖縄で育った方のほうが、”汗をよくかく”という印象が強いと思います。


しかし実際には違うことが多いのです。


沖縄で育った方は、先ほどお伝えしましたように、暑い地域で生活されているため、汗腺の機能が高いです。


高いため、より少ない汗で体温調整をすることが可能になるのです。


また、少し専門的な話になりますが、『能動汗腺』という汗をかいて活動する汗腺の数が、暑い地域の方は多い傾向にあります。


この能動汗腺の数が多いことで、小粒で蒸発しやすい汗を書くことができます。



北海道などの寒い地域の方は、暑い地域の偏りも汗腺の機能が低く、体温調整が苦手な傾向にあります。


能動汗腺の数も少ないため、大粒の汗をかくことになります。


そのため、出身地が寒い地域の方ほど、手汗や多汗に悩まされることが多いようです。


また、汗腺の働きは、3歳くらいまでに生活していた温度環境で決まると言われています。



手汗に悩み苦しんだ知人の思春期ものがたり
上の画像をタップすると読めます。




手汗対処グッズの様々なランキングを発表!総合1位は!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。